なんでもないようなことが


by 1xchw4lvgw

カテゴリ:未分類( 71 )

 17日に76歳で亡くなった藤田まことさん。「てなもんや三度笠」のあんかけの時次郎役でブレークして以降、必殺シリーズの中村主水、「はぐれ刑事」の安浦吉之助と、テレビ史に独自のキャラクターを刻んできたまさに「仕事人」。数十億円ともいわれる巨額負債や大病も持ち前のねばり強さではね返してきた。戦争経験者らしく、反戦への思いも人一倍強かった。

 06年に出演したテレビ番組では「コメディアンでした」と自らを称した藤田さん。その持ち味は「てなもんや三度笠」で開花。定番の「あたり前田のクラッカー」は、番組を知らない世代でも耳に覚えがある名コピーだ。

 一方、強烈なイメージのため、それ以降は役が付かない不遇に見舞われた。中村主水のオファーを受けたのは週末営業のキャバレーで。「嫁としゅうとにいびられる情けない男の役。みんな断ったから私に来たんです」と語っていた。支えは、1年ほどたった時の京都撮影所での故三隅研次監督の一言。「この役、ちゃんとやったら一生もんになるで」。シリアスとコミカルを演じ分け、自らの代名詞として完成させた。

 80年代には親族の事業失敗が原因で数十億円の負債を負った。役者生活最大とも言えるピンチだったが自宅を売却。休日返上で愚痴を言わずに働く姿に、債権者までもが仕事を回し応援したという。

 また、沖縄で戦死した兄の手紙を常に持ち歩くなど反戦への思いも抱き続けていた。戦後60年以上を経てようやく行けたという沖縄で、白米のおにぎりを海に投げ入れたという。その思いを役者として結実させたのが、死刑になるB級戦犯を演じた「明日への遺言」(小泉堯史監督)だった。

 08年、食道がんで療養後、ドラマで復帰した役は中村主水だった。復帰会見で「神様が差配してくれた」と涙をにじませていた。

 いったんは元気になった藤田さんだが、09年11月に再び体調不良で入院。10年1月15日に時代劇専門チャンネル(CS放送)の特別番組のナレーションで仕事に復帰したばかりだった。

 京都市右京区の松竹京都撮影所で「必殺シリーズ」が撮影された際、主役・中村主水の家の食事を作っていた近くの食堂「つたや」。先代のおかみ、山本和子さん(80)は「シリーズ初期のころ、共演者や監督らと毎日のように来ては、飲んだり歌ったりしていた。好物のきつねうどんを撮影所に出前した時も優しく接してくれた。残念です」と語った。

ギャンブルでなく…知的トレーニング競馬のすすめ (産経新聞)
<沖縄密約訴訟>東京地裁で結審…判決は4月9日(毎日新聞)
「可視化」実現へ協力求める=法相が検察幹部に訓示(時事通信)
<レセプト>電子請求義務化を民主党に要望 薬害被害者団体(毎日新聞)
【いま、語る関西人国記】大阪国際会議場社長 萩尾千里さん(72)(産経新聞)
[PR]
by 1xchw4lvgw | 2010-02-20 06:42
 国民新党代表の亀井金融相は15日の衆院予算委員会で、政府が検討中の選択的夫婦別姓を導入する民法等改正案について「私は反対だ。国民新党も反対だ」と述べた。

 「国民新党が合意しなければ閣議にかけることはできない」とも強調し、基本政策閣僚委員会などで法案の国会提出に反対する考えも示した。亀井氏は反対の理由に関し「身も心も一緒になりたいのが結婚の心情。家族の絆(きずな)を大事にしていく中で、夫婦別姓を取り上げなくてはならないのか」と語った。

 一方、民主党が公共事業予算の「個所付け」の情報を都道府県連に流していた問題で、共産党の穀田恵二氏は個所付けの公表のルール化を求めた。前原国土交通相は「今回の反省も含め整理したい」と、前向きに検討する考えを示した。

競馬場から確定申告、武幸四郎らPR e−Tax約3割に(産経新聞)
<ドクターヘリ>医師の養成支援…NPOが4月に基金創設(毎日新聞)
【ショートトラック】駆けろ「美馬」 名付けた祖父も応援(産経新聞)
【野口裕之の安全保障読本】中国が「制空権」を確立する日(産経新聞)
駅構内に地産地消ビストロ=長野県〔地域〕(時事通信)
[PR]
by 1xchw4lvgw | 2010-02-19 07:20
 15日夜、東京都杉並区のJR中央線高円寺駅上りホームから女性(20)が線路に転落する事故があり、居合わせた都内の社会福祉法人職員、佐藤弘樹さん(24)が線路に飛び降り、間一髪で女性を避難させた。佐藤さんは16日、報道陣の取材に応じ、「とにかく助けなきゃと、体がとっさに動いた。見て見ぬふりはできなかった」と振り返った。

 佐藤さんが女性の異変に気づいたのは午後9時15分ごろ。下り電車から降りた女性がホーム反対側までふらふらと歩き、上り線路に転落した。同じ電車に乗っていた佐藤さんは慌てて下車、ホームにいた別の男性に「駅員を呼んで」と頼み、線路へ飛び降りた。

 女性は意識を失い、呼びかけに返事はない。すぐに電車の警笛が鳴り響き、振り返ると10メートルくらい先に電車が迫っていた。佐藤さんは2本のレールの間で横向きに倒れていた女性を必死であおむけにし、自分はホーム下の退避壕(ごう)に飛び込んだ。

 電車は非常ブレーキをかけたが、5両目まで女性を通過して止まった。振り向くと、車体と枕木の間の約30センチの空間に女性が見えた。「大丈夫?」。女性がまばたきした時、「よし」と思った。「私、死んじゃいそうだったんだ」。目覚めた女性はきょとんとした表情で、佐藤さんが「そうだよ」と答えると、女性は「ありがとう」と感謝したという。

 佐藤さんは「帰った後にやっと怖さを実感した。考えてやったことではない。でも、目の前で起きてしまったから」。JR東日本は16日、佐藤さんに感謝状を手渡した。【前谷宏】

【関連ニュース】
踏切事故:列車とトラック衝突 高校入試に影響 埼玉
迷惑鉄ちゃん:「あすか」目当てで線路侵入 1万人に影響
名古屋市営地下鉄:線路に女性、はねられて死亡…伏見駅
列車往来危険:「受験でストレス」踏切に自転車…中3逮捕
山手線:線路内に男性 緊急停止3万人に影響

わざわざ大阪に転居、夫婦が生活保護不正受給(読売新聞)
殺人未遂容疑 男逮捕 3人切り付け1人死亡 東京・台東(毎日新聞)
自転車で加害者に… 各種保険の「特約」で安心(産経新聞)
国家公務員削減「3万5千人以上」枝野刷新相(読売新聞)
12年度完全実施、先送りも=首相が言及−高速無料化(時事通信)
[PR]
by 1xchw4lvgw | 2010-02-18 06:23
 江戸時代の画家、尾形光琳(1658〜1716年)の代表作の一つ、国宝「紅白梅図屏風(びょうぶ)」について、東京理科大の中井泉教授が14日、静岡県熱海市のMOA美術館で開かれた研究会で「屏風の金地は金箔(きんぱく)である可能性が極めて高い」と発表した。

 「紅白梅図屏風」は同美術館が所蔵。美術史家らは「金箔が使われている」と考えていた。だが、同美術館と東京文化財研究所が03〜04年、「蛍光X線分析装置」などを使って行った共同研究では「金の含有量が微量」との結果が出た。このため、金箔ではなく、金粉をにかわで溶いた金泥が使われた可能性が指摘されていた。

 一方、中井教授は昨年、世界最高水準の「粉末X線回折計」など4種類の高感度分析装置を使って調査。その結果、金箔とほぼ同じ光沢が確認されたうえ、結晶が並ぶ向き(配向)が金箔と同一なのが分かったという。

 異なる結果が出たことについて、中井教授は「分析機器の能力が飛躍的に向上し、作品と調査機器との距離を縮めて精度を高めたからではないか」などと説明。同美術館の内田篤呉副館長は「今回の発表は金箔説を強く打ち出したものだが、現段階で結論はつけられない」と話している。【岸桂子】

米管理団体 「マイケル」使うな グッズ関連業者を提訴(産経新聞)
民家で3人刺され、1人死亡か…犯人は逃走(読売新聞)
【元厚生次官ら連続殺傷 最終弁論(上)】被告は心神喪失か耗弱 弁護人、検察側鑑定を厳しく批判(産経新聞)
10年以内に財政健全化=政府予算の対案を了承−自民(時事通信)
「すき家」に強盗、刃物男が73万奪う…名古屋(読売新聞)
[PR]
by 1xchw4lvgw | 2010-02-17 07:06
 民主党執行部は政治資金規正法違反事件で起訴された石川知裕衆院議員について、現時点では野党が提出した議員辞職勧告決議案にも応じない方針だ。正面突破を図っても、事態はやがて沈静化されるとの判断だ。ただ、党内には離党は不可避との見方があるほか、連立相手の社民党から自発的辞任を求める意見も表面化。かばい続けた場合には国民の「民主離れ」が一段と進み、鳩山由紀夫首相が苦境に立つ場面もありそうだ。
 民主党の小沢一郎幹事長は8日の記者会見で、「国会議員の職務に関連して責任を問われているわけではない」と述べ、石川議員は議員辞職に当たらないとの認識を示した。また、小沢氏に近い高嶋良充参院幹事長は9日の会見で、石川氏の離党に関して「本人が考えることだ」として、党として積極的に処分する考えはないことを明らかにした。
 党内には「形式犯といっても逮捕、起訴されているのだから、離党しないと通らない」(中堅)との声もあるが、少数派だ。
 石川議員が離党や議員辞職することになれば、批判の矛先はいったん収束したかに見える小沢氏の監督責任に向かう。執行部がかたくなに石川議員を守る姿勢を崩さないのはこのためだ。
 しかし、各報道機関の調査を見ても、少なくとも国民の半数以上が議員辞職を求めている。むしろ、こうした世論に敏感なのは社民党だ。夏の参院選をにらみ、「政治とカネ」の問題で民主党とは一線を画し埋没を避けたいとの思惑が背景にある。「石川議員には議員辞職に値する」。同党の照屋寛徳国対委員長は9日の与党国対委員長会談で、こう強調した。 

【中医協】2010年度診療報酬改定を答申(医療介護CBニュース)
社民、期限付き九州北部案で調整=国民新にシュワブ陸上案−普天間移設(時事通信)
収容少年に強制わいせつ容疑=少年院教官を逮捕−神戸地検(時事通信)
<雑記帳>建設会社が「わさびチョコ」発売(毎日新聞)
クレーン車 バスに追突、アームが窓ガラス破り7人軽傷(毎日新聞)
[PR]
by 1xchw4lvgw | 2010-02-16 06:44
 豊沢豊雄さん102歳(とよざわ・とよお=元国民協同党衆院議員)11日、老衰のため死去。葬儀は近親者のみで行い、お別れの会を後日開く。自宅は東京都世田谷区祖師谷1の14の6。喪主は長男学(まなぶ)さん。

 1946年衆院選で旧香川2区から初当選。2期務めた。

欲しいのは「国民の幸せ」=首相(時事通信)
イラン人密売組織のリーダー逮捕=住宅街で薬物密売−警視庁(時事通信)
今尾の左義長 燃え上がる炎に無病息災祈る…岐阜・海津(毎日新聞)
2年間女性警官宅に侵入=元巡査長に有罪判決−千葉地裁(時事通信)
民家火災で2人死亡=高齢夫婦か−山口・美祢(時事通信)
[PR]
by 1xchw4lvgw | 2010-02-15 04:06
 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、政治資金規正法違反で起訴された民主党衆院議員、石川知裕被告(36)は10日、「収支報告書に不適切な記載をしたことについては深く反省する」とのコメントを発表した。起訴内容を否認したかのような9日の会見時の発言を訂正するためとみられる。

 石川議員は会見で「政治資金の出所を不明にするなどの目的で意図的に虚偽の収支報告をしたことはない」と発言し、一部で「一転否認」などと報じられた。このため10日発表したコメントは「誤解を招いたようなので一言申し上げる」としたうえで「不適切な記載」を認める一方で「建設会社等から不正な金銭を受領したことは一切ない。このことを強調したかった」としている。石川議員は捜査段階の取り調べで故意に虚偽記載した事実を認めている。【小林直】

【関連ニュース】
石川議員:辞職、離党を否定 保釈後、初会見
石川知裕議員:辞職勧告、結論出ず 衆院議運
陸山会土地購入:小沢氏との接触禁止 秘書らに保釈条件
陸山会事件:石川議員、保釈 報道陣の問いには答えず
陸山会事件:石川被告ら3人の保釈認める 東京地裁

小学生は科学用語の要点が苦手(産経新聞)
通信傍受で33人逮捕=09年国会報告−政府(時事通信)
機密費上納、追加調査せず=平野官房長官(時事通信)
婚活詐欺女、財布の金も奪う!?大出さん死亡時所持金わずか(スポーツ報知)
<石巻2人刺殺>元交際相手が計画…無職少年、友人に漏らす(毎日新聞)
[PR]
by 1xchw4lvgw | 2010-02-13 06:51
 将棋の第36期女流名人位戦五番勝負の第3局が10日、東京・将棋会館で行われ、挑戦者の里見香奈倉敷藤花(17)が清水市代女流名人(41)を破り、3連勝で奪取した。里見の女流名人獲得は初めて。元女流棋士の林葉直子さんの15歳、中井広恵女流六段の16歳に次ぐ史上3番目の若さで、女流将棋界で最も伝統のあるタイトルを手に入れた。

 里見は04年、12歳でプロ入り。08年に初タイトルの倉敷藤花を獲得し、09年は防衛。今期の女流名人位戦でも、得意とする力戦調の振り飛車を駆使して、女流将棋界の第一人者である清水を圧倒した。里見は倉敷藤花と合わせて2冠、清水も女流王位と女流王将の2冠となった。

 里見は島根県出雲市在住で、県立大社高校3年生。高校時代最後のタイトル戦で見事な結果を出した。【金沢盛栄】

【関連ニュース】
将棋:王将戦七番勝負第3局始まる 今期初の相振り飛車に
将棋:王将戦第3局 初の掛川城タイトル戦 10、11日
将棋:渡辺竜王が初のA級入り 名人戦順位戦
将棋:佐藤九段降級、三浦八段首位に 名人戦順位戦A級
将棋:74歳・有吉道夫九段が敗れ、引退 現役最高齢

<旭川冬まつり>無念の開幕日 雪だるま49個破壊される(毎日新聞)
「総裁の名は捨てろ」堀内氏が自民批判寄稿(読売新聞)
新議員会館 小沢氏のフロアはガールズと側近 「七奉行」は別階(産経新聞)
エコカー補助金制度延長 車選び、色もポイント(産経新聞)
「のめり込むように信じた」数千万円投資の女性 サンラ・ワールド(産経新聞)
[PR]
by 1xchw4lvgw | 2010-02-12 11:27
 内閣府が8日発表した1月の景気ウオッチャー調査によると、3カ月前と比べた街角の景況感を表す現状判断DI(指数)は38.8と前月比3.4ポイント上昇した。2〜3カ月先の見通しを示す先行き判断DIも41.9と5.6ポイント上昇。ともに2カ月連続で改善した。
 ただ、昨年10、11月調査で大きく落ち込んだ反動増とみられ、現状、先行きとも昨年夏ごろの指数を依然として下回っていることから、内閣府は基調判断を「引き続き弱い動きがみられる」と前月から据え置いた。 

【関連ニュース】
1月景況感、3カ月ぶり改善=回復は外需・製造業中心
円、90円台後半に下落=米国企業の景況感が改善
街角景気、3カ月ぶり改善=基調判断、半年ぶり上方修正
12月景況感、2カ月連続悪化=全業種で後退
成長戦略の具体策を=早期自律回復には懐疑的

読売演劇大賞に「ヘンリー六世」(時事通信)
木嶋容疑者、睡眠導入剤すりつぶして料理に混入か 遺体の成分と一致(産経新聞)
<鳩山首相>今夏参院選の陣頭指揮「小沢氏に」(毎日新聞)
殺害準備の過程を詳細に書き込み「準備完了」(産経新聞)
<奈良診療報酬詐欺>山本被告と医師逮捕、患者出血死の疑い(毎日新聞)
[PR]
by 1xchw4lvgw | 2010-02-11 06:37
 前原誠司国土交通相は5日の閣議後記者会見で、同省所管の1113の公益法人について、業務や予算の無駄を洗い出す事業仕分けを実施する方針を明らかにした。既に副大臣、政務官に作業を指示した。政府の行政刷新会議は今春以降、公益法人の事業仕分けを開始する予定だが、同相は「自ら正していく。ゼロベースで見直す」と述べ、同省所管法人に対する仕分けの先行実施に意欲を示した。
 前原国交相は仕分け作業に関して、(1)民間と競合して業務を行っている法人は原則廃止(2)業務を受注しても民間に再委託するなど、いわゆる丸投げしている法人は抜本的に見直し(3)民間ではできない業務を実施している法人は存続を検討−の3つの基準に照らし合わせて公益法人の統廃合を進めると説明した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏を不起訴〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

トヨタは顧客の視点が欠如している…前原国交相(レスポンス)
<銀座時計盗>香港の捜査員来日 大丸神戸店視察へ(毎日新聞)
<普天間移設>検討委、3月末に候補地決定(毎日新聞)
野口聡一さん 鬼は外?…宇宙ステーションで「豆まき」(毎日新聞)
木嶋容疑者 携帯メールも削除 金銭要求など隠す?(産経新聞)
[PR]
by 1xchw4lvgw | 2010-02-10 06:48