なんでもないようなことが


by 1xchw4lvgw
 3月31日のNHK予算を採決した参院本会議で、自民党の若林正俊・元農相(長野選挙区)が、自身の投票ボタンに加え、採決時に席にいなかった隣の青木幹雄・前参院議員会長の投票ボタンも押した疑惑が浮上した。

 民主党が1日、若林氏の懲罰動議を江田議長に提出した。

「騒音増す」シュワブ地主ら契約更新拒否の意向(読売新聞)
外相、米国へ出発(時事通信)
生方氏「小沢氏は何らかの形で責任を」(産経新聞)
<国家公務員>早期退職勧奨98人(毎日新聞)
死刑求刑の小泉被告に判決へ=元次官ら連続殺傷−さいたま地裁(時事通信)
[PR]
# by 1xchw4lvgw | 2010-04-02 14:55
 経済産業省は24日、太陽光や風力など再生可能エネルギーによる電力の全量買い取り制度について、1世帯当たりの電力料金への上乗せ額が最大で月579円以上になるとの試算を公表した。地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果は現行制度の2倍近くを見込む。
 試算は、家庭の太陽光発電を1キロワット時当たり42円、風力、地熱、水力、バイオマスなどの発電を20円で買い取る場合、制度開始後15年目の標準家庭(月300キロワット時使用)を想定して実施した。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「地球温暖化対策基本法案」
NOx26%削減も=自動車課金制度導入で
風力発電の健康影響調査=低周波音で住民から苦情
原発14基を新増設=温暖化対策に軸足
温暖化ガス25%減は可能=対策のたたき台公表

財源なければ政権公約修正すべき…民主・岡田氏(読売新聞)
<子供用アクセサリー>中国、韓国から輸入の9点に鉛(毎日新聞)
<石巻3人殺傷>元解体工の少年らを家裁へ送致 逆送求める(毎日新聞)
券売機の釣り銭補充、100円と10円取り違え(読売新聞)
「定数削減、統一選で問う」大阪の橋下知事(産経新聞)
[PR]
# by 1xchw4lvgw | 2010-03-31 05:57
 1日に襲名した六代目三遊亭円楽さん(60)が21日、東京・新宿の末広亭の高座に上がり、32年ぶりに常設の寄席(定席)への出演を果たした。全国各地で行う襲名披露興行の一環で、口上の後、トリで登場して古典落語の「ずっこけ」を熱演、超満員の客席を沸かせた。
 円楽さんは昨年10月に亡くなった師匠の五代目円楽さんらと1978年に落語協会を脱退して以来、定席に出られなくなっていたが、今回、落語芸術協会(桂歌丸会長)の協力で東京の寄席での披露興行が実現した。末広亭には30日まで、その後4月20日まで浅草演芸ホール、国立演芸場、池袋演芸場にも順次出演する。 

2歳男児が一晩連れ回され保護 50代の男逮捕へ(産経新聞)
独自の排出枠制度を検討=直嶋経産相(時事通信)
准教授を停職6カ月=「性的暴行」女性が訴え−大阪大(時事通信)
<死体遺棄>工事現場に男性埋めた疑い、20歳男逮捕 茨城(毎日新聞)
2氏の争いに=京都知事選(時事通信)
[PR]
# by 1xchw4lvgw | 2010-03-28 00:56
 栃木県日光市の中禅寺湖のほとりに建つ英国大使館別荘が4月1日に栃木県に無償譲渡される。別荘は英外交官として幕末から明治にかけて活躍したアーネスト・サトウ(1843〜1929)が1896(明治29)年に建てた。県は別荘を改修後、一般開放するための整備を進める方針。【浅見茂晴、葛西大博】

 標高約1300メートルの湖畔は明治以降、避暑地として数多くの大使館別荘が建てられた。明治末期には30カ国の別荘があり、英国は最も古い。木造2階建て延べ床面積は約495平方メートル。外観は和風建築だが、室内には暖炉などがある。現在、湖畔に建つ四つの外国大使館別荘(記念公園含む)の中で最も眺望がよいとされ、2階からは紅葉で有名な八丁出島が眼前に広がる。

 明治以降、日光が観光地として発展する過程などを記した「日光避暑地物語」(平凡社)などの著書がある元市職員、福田和美さんによると、英国大使館通訳だったサトウが、湖畔の家を借りて夏場を過ごした際、現地を気に入り、明治天皇から土地を提供されて別荘を建てた。その後、大使館別荘として使用したという。

 別荘は老朽化が進み、2年前から使われていなかった。09年1月に大使館側から県に譲渡の打診があった。時期は未定だが県は補強工事後、一般公開する。福田富一知事は「歴史的な建築物を譲渡していただけることになり、大変ありがたい」と話した。

 サトウは「一外交官の見た明治維新」の著者として知られる。

<医療事故>カテーテルから空気入り男性死亡 静岡の病院(毎日新聞)
菅家さんに無罪判決=18年余で名誉回復−足利事件再審・宇都宮地裁(時事通信)
世界の富豪 「グリー」の田中社長が仲間入り(毎日新聞)
来年度診療報酬改定は「非常に素直な点数設定」(医療介護CBニュース)
野焼きの男性3人死亡=陸自東富士演習場−静岡(時事通信)
[PR]
# by 1xchw4lvgw | 2010-03-26 17:41
 日本医師会の今村聡常任理事は3月17日の定例記者会見で、政府が12日に閣議決定した「地球温暖化対策基本法案」に関する要望を発表した。要望では、同法案の策定プロセスや内容は必ずしも国民に十分理解されているとは言えないと指摘し、医療提供者を含む国民の声を反映することなどを求めている。要望書は環境省と民主党に提出する。

 「地球温暖化対策基本法案」では、温室効果ガス排出量の削減に関する中長期的目標として、2020年までに1990年比25%削減などを掲げている。また、基本的施策として「国内排出量取引制度の創設」や「地球温暖化対策のための税の検討その他の税制全体の見直し」などを盛り込んでいる。

 要望では、国内排出量取引制度や地球温暖化対策税の創設に関連して、医療機関などの経営の安定性や持続性が担保できる、診療報酬や補助金などの新しい財源制度の創設などを求めている。
 また、個別要望事項では、医療用一酸化二窒素の削減目標や排出量限度を設定するに当たり、事業者である医療機関の安定的かつ持続的な運営に十分配慮するよう求めた。さらに、医療機関や関係団体の地球温暖化防止のための自発的活動を推進するため、活動に対する補助金など支援策を講じることなどを要望している。


【関連記事】
08年度の二酸化炭素削減目標を達成−日医
改正省エネ法、「知っている」病院は約2割
「日本型安心社会」の構築を―安心社会実現会議
感染症や自然災害などでの国際救援に尽力
地球温暖化防止へ日医など着手

<東レ科学技術賞>新庄輝也、岡田典弘の両氏を選出(毎日新聞)
最終回迫る「キャンパスナイトフジ」あの娘たちと接触するチャンス!
<東海道新幹線>三島−静岡駅間で停電、2900人に影響(毎日新聞)
<点字ブロック>発祥地・岡山市に記念モニュメントが完成(毎日新聞)
絹谷幸二賞 大谷有花さんらに賞状贈呈(毎日新聞)
[PR]
# by 1xchw4lvgw | 2010-03-24 13:26